2011年09月03日

九爺が〜

書剣恩仇録が終わってしまった( ̄□ ̄;)!!
とはいえ。
自分的には先週、九爺が死んだとこで終わった感じ。
今週の最終回二話は正直蛇尾かなぁ・・・。

原作とはだいぶ変えたようだから、
オリジナルストーリーにありがちな

話膨らませたけど上手く収拾できず

だったのかも。

九爺も段々小物化し、乾隆無双、
家洛と紅花会はいったい何したかったのか、
という・・・まあ小説も金庸さん処女作だしね。

一応10年くらい前に読んだ記憶があるけど、
まっっっっったく覚えてなかった書剣恩仇録。
紅花会面々が雪山飛狐、飛狐外伝に出てると聞き、
「あ、これは持ってたな。家洛いたっけ?」
と読み返したけど、

趙半山大兄貴カッコイイ!

しか無かったよ。
やっぱり紅花会と家洛は何がしたいのか、さっぱり。
福康安に嫌がらせしてるだけ。

まあ、次、来週からに期待しよう。
金庸さんじゃないのが少し残念だけど。


posted by huajiao-xuer at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。